チャットレディの知識

チャットレディの確定申告は必要なの?会社にばれる?詳しく解説します!

チャットレディ 確定申告

今回は、「チャットレディのお仕事に確定申告は必要なのか」また、「会社にバレるのか」について詳しく解説します。

また、確定申告の簡単なやり方チャットレディの確定申告で注意すべきことについてもお伝えします。

さらに、マイナンバー制度でチャットレディの副業がバレるのかどうかについてもお教えします。

 

チャットレディに確定申告は必要なの?

確定申告

一定以上の所得がある場合、1年間の所得を計算してその所得に応じた税金を納めなければなりません。

チャットレディのお仕事も例外ではなくて、チャットレディでの所得が一定額を超えると税金を払わなくてはならないのです。

簡単に言うと、この税金を納める手続きのことを確定申告といいます。

つまり、チャットレディのお仕事でも一定額以上を稼げば確定申告は必要になります。

 

いくら以上稼ぐと確定申告が必要になるのか?

確定申告をしなければならない条件は以下の通りです。

【チャットレディが本業】
1年間で38万円以上の所得がある場合
【チャットレディが副業】
1年間で20万円以上の所得がある場合

 

確定申告をしなかったらバレるの?

結論から言うと、必ずバレます。

特にチャットレディのお仕事はネットを通してお金を稼ぐので、脱税している人がいないかを調べる税務調査を受けやすい業種でもあります。

また、最近はネットでの副業が増えており

・アフィリエイト
・メルカリでの転売
・ポイントサイトでの副業

などの業種と同様にチャットレディのお仕事に対しても取り調べが厳しくなっているのです。

条件に当てはまっている場合は、必ず確定申告をして税金を払うようにしましょう。

 

確定申告をしないとどうなるの?

確定申告をしていないということは、税金を払っていないということです。

つまり脱税しているということになってしまいます。

脱税は当然犯罪なので、見つかれば未納の税金に加えて罰金を支払わなければなりません。

また、過去に未納の税金がある場合、その脱税をきっかけに、過去の税金の請求がまとめてくる可能性もあります。

さらに、ごくまれなケースではありますが、最悪の場合「逮捕」されることもあります。

しかしながら、確定申告の手続きは決して難しいことではなく簡単にできることなので、安心してくださいね。

後ほど簡単なやり方についてもお教えします。

 

税金はいくら支払わなければならないの?

支払うべき税金を計算するには、まず課税の対象となる課税所得を計算しなければなりません。

課税所得は以下の計算方法で求めることができます。

課税所得=「1年間にチャットレディで稼いだ報酬」-「お仕事にかかった費用」-「基礎控除額」

「お仕事にかかった費用」というのは、必要経費のことで、「携帯代」などのチャットレディのお仕事をするためにかかった費用の合計です。

「基礎控除額」は、チャットレディが本業の方は38万円、副業の方は20万円と決まっています。

ここで計算した課税所得に税率をかけたものが、チャットレディのお仕事で支払う税金額になります。

税率はこの課税所得の額によって変わってくるのですが、だいたいの方は5~10%だと思います。

では、実際に例を挙げて税金額を計算してみましょう。

ここでは、チャットレディのお仕事を本業にしている方が年間に100万円稼いだ場合を考えます。

必要経費が10万円で税率が5%だとすると、基礎控除額は38万円(チャットレディのお仕事が本業なので)なので

課税所得=100万円(チャットレディで稼いだ報酬)-10万円(必要経費)-38万円(基礎控除額)=52万円

となります。

よって支払うべき税金は52万円(課税所得)×5%(税率)=2万6千円となります。

 

確定申告の簡単なやり方

喜ぶ女性

ここでは、確定申告の簡単なやり方について、3つの手順に分けて詳しくお伝えします。

 

(1)支払うべき税金額を計算する

まずは上記で述べた手順で課税の対象となる課税所得を計算しましょう。

課税所得を計算し終わったら、次に税率をチェックします。

税率は課税所得の額によって変化するので、下の表を参考にしてください。

課税所得税率控除額
195万円以下5%0円
195万円~330万円以下10%97,500円
330万円~695万円以下20%427,500円
695万円~900万円以下23%636,000円
900万円~1800万円以下33%1,536,000円
1800万円~4000万円以下40%2,796,000円
4000万円~45%4,796,000円

ちなみに、この表にある「控除額」は基礎控除額とは異なるので注意してください。

この「控除額」は、年間195万円より多く稼いだ人が支払うべき税金を少なくしてくれるものです。

仮に課税所得が200万円であった場合、税率は10%で控除額は97,500円になるので、支払うべき税金は

200万円×10%-97,500円=102,500円

になります。

 

(2)書類を準備する

支払うべき税金額の計算が終わったら、次に確定申告の書類を準備しましょう。

必要な書類は2種類あり、「本業」と「副業」の方で異なります。

本業の方は「確定申告書(B様式)と収支内訳書」副業の方は「確定申告書(A様式)」が必要になります。

2つの書類データは国税庁のホームページからダウンロードすることができます。

ホームページ内には「記入の手引き」もあるので、それを参考にしながら空欄を埋めてみましょう。

また、最寄りの税務署で書類を貰うことも可能です。

税務署では、確定申告期間中であれば無料相談が受けられますよ。

ちなみに、期間は毎年2月16日~3月15日(最終日が土曜日もしくは日曜日の場合、翌週の月曜日まで)となっています。

 

(3)確定申告書を提出する

記入を終えたら、最後に税務署に提出しましょう。

提出は確定申告期間外でも可能ですが、その場合追加料金を取られてしまうので、期間内に提出するのが良いでしょう。

ちなみに期間は毎年2月16日から3月15日までとなっています。

書類提出の際には

・マイナンバーカードをお持ちの方は「マイナンバーカード(写真付きのもの)、お持ちでない方は「マイナンバー通知カードと写真付き身分証明書」

・源泉徴収票

・印鑑

が必要になりますので忘れずにご用意くださいね。

 

チャットレディの確定申告や税金支払い時に注意すべきこと

説明する女性

ここでは、チャットレディの確定申告をする際や税金を支払う際に注意すべきことをお伝えします。

今回は、「OLチャットレディの場合」「専業主婦チャットレディの場合」「学生チャットレディの場合」3パターンに分けてそれぞれ詳しく解説します。

 

OLチャットレディが確定申告で注意すべきこと

本業を持っているOLチャットレディの場合は、チャットレディのお仕事は「副業」という扱いになります。

その中で、チャットレディで稼いだ所得は「雑所得」という分野に振り分けられます。

この「雑所得」にも経費は認められるので、少しでも支払うべき税金を減らすために、
経費として計上できそうなものの領収書は取っておくようにしましょう。

さて、OLチャットレディが最も気を付けなければならないのは、「チャットレディでの稼ぎが会社にばれないようにすること」だと思います。

近年では、副業を認める会社も増えつつありますが、それでもなお大半の会社では副業が禁止されている事かと思います。

もし会社に内緒で副業でチャットレディのお仕事をしていて、年間の所得が20万円を超えてしまった場合、普通に確定申告をすると会社にばれてしまいます。

そこで、ここでは会社に副業をしていることをばれずに確定申告をする方法をお伝えします。

 

会社にばれないよう確定申告をするには?

方法はいたって簡単です。

確定申告書の徴収方法の欄で、「普通徴収(自分で税金を納付する)」にチェックを入れておけば良いのです。

この欄にチェックすることにより、副業所得に対する納付書が自分の元に届くようになるので、会社を通さずに自らで納付できるようになります。

会社からもらう給料への所得税は今まで通り天引きされ、それ以外の副業部分に関しては自分で納付できるので、あなたの副業が会社にばれることは一切ありません。

 

専業主婦チャットレディが確定申告・税金支払いの際に注意すべきこと

専業主婦チャットレディが気をつけなければならないことは2点あります。

それは以下の2つです。

・チャットレディでの収入が年間130万円を超えないようにする

・チャットレディでの所得が38万円以内に収まるようにする

まず1つ目に関してですが、収入が130万円を超えると夫の扶養を外れてしまい、健康保険厚生年金保険など、今まで払わなくてよかったものまで支払わなくてはならなくなります。

チャットレディで余りあるほど稼いでいる人以外は、チャットレディでの収入が130万円を超えると結果的にマイナスになってしまうので、あまり稼ぎすぎないようにしましょう。

次に2つ目に関してですが、チャットレディでの所得が38万円を超えると、新たに税金を支払わなくてはならなくなります。

ただし、ここで注意しなければならないのは「所得」というところです。

つまり、経費をたくさん計上すれば38万円よりもっと多くの額を稼ぐことができます。

 

学生チャットレディが確定申告・税金支払いの際に注意すべきこと

学生の場合は、多くの方が聞いたことがあるかもしれませんが、年間に103万以上収入があると親の扶養から外れてしまいます。

親の扶養から外れると、扶養控除というものが適用されなくなり、まず父親が払う税金が増えてしまいます。

また、あなた自身が新たに税金を支払わなくてはならなくなります。

このようなことを避けるためには、チャットレディで稼ぎすぎないようにするか、
多くの経費を計上してチャットレディでの所得を38万円以内に抑える必要があります。

親の扶養から外れることがない程度に稼ぐというのが、学生チャットレディにとっては一番良い方法ではないでしょうか。

また、確定申告をした際にチャットレディのお仕事が親にばれるか心配だという方もいると思いますが、チャットレディのお仕事が親にばれることは一切ありません。

実家暮らしの場合、納付書が実家に届きますが、チャットレディのお仕事とはわからないので安心してくださいね。

 

マイナンバー制度で副業がばれるのか?

マイナンバー

2016年1月からマイナンバー制度が始まりました。

このマイナンバー制度が導入されたことで、チャットレディでの副業がばれてしまうのではないかと不安に思う方もいると思います。

結論から言うと、マイナンバー制度でチャットレディの副業がばれることはありません。

上記でも説明していますが、確定申告書の徴収方法の欄で「普通徴収」にチェックを入れておけば、納付書が自分のもとに届くので会社にばれることは一切ないのです。

ただし、条件に当てはまっているにもかかわらず確定申告を行わなかった場合は、追徴課税として会社に通知が行く可能性があります。

チャットレディでの副業が会社にばれないためにも、条件に当てはまっている場合は必ず確定申告を行いましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

チャットレディにも確定申告は必要ですので、必要がある場合はしっかりと行いましょう。

また、適切な方法で確定申告を行えばチャットレディの副業が会社にばれることはないので安心してくださいね。

確定申告期間は約1か月間と短いので、早いうちから準備をしておくと良いですよ。

稼げるチャットレディサイトを知りたい方はコチラの記事も参考にしてみてください♪
【チャットレディおすすめランキング】 ~本当に稼げるサイトはこの5つのみ~