チャットレディで稼ぐ方法

【チャットレディは照明が命!】おすすめアイテムと基礎知識を解説

チャットレディとして成功していくためにはいくつかのポイントがありますが、その中でも照明は欠かせないポイントの一つです。

「たかが照明」などと考える人もいるかもしれませんが、照明選び一つでチャットレディとして人気の差がついてしまいます!

そこで今回は、照明の基礎知識や照明の選び方、おすすめの照明など、チャットレディと照明の関係についてご紹介致します。

Contents

チャットレディが知っておきたい照明の基礎知識とは?


単に照明といってもその種類は膨大で、実際に照明の購入を検討している人の中には最適なものが分からないという方も多いのではないでしょうか?

例えば、照明に取り付ける電球だったり、照明本体の種類だったり、その特徴はメーカーなどにより異なるため、予備知識なしでの購入は危険です。

まずは照明の基礎知識を増やしていきましょう。

照明の基礎知識はそれほど難しくありません。
チャットレディのお仕事で最適な照明を選ぶ場合は、以下の項目が大切です。

  • 演色性/平均演色評価数(Ra)
    照明などの発光道具が物体を照らしたときに、その物体の色の見え方に及ぼす光源の性質を指す。
    最大値であるRa100に近づくほど自然光が当たったときの物の色に見える。Ra80以上は再現性が高い。
  • ルーメン(lm)
    照明の明るさ、光の量を表す。
    6畳部屋であれば2,700lm~3,700lm程度が推奨されている。

上記二つの項目を押さえておくことで、チャットレディのお仕事で最適な照明を選ぶことができるでしょう。

また、照明は大まかではありますが、LED・蛍光灯・白熱灯という種類に分けることができます。

チャットレディにおすすめの種類は、初期費用が高いものの、寿命が長く、省エネ効果も高いLEDです。長期的に見ると、コスト削減に繋がります。

余談ですが、電球の色は「電球色・温白色・白色・昼白色・昼光色」という呼称があり、電球色に近い色ほどオレンジがかった色味で、昼光色寄りの色ほど青白っぽい色になります。

チャットレディには昼白色がおすすめです。

チャットレディが照明を選ぶときに気をつけたいことは?


チャットレディに最適な照明を選ぶためにも、選び方で気を付けたいポイントをいくつかご紹介します。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

明るさや再現性の数値は高いか?

前述でも少し触れましたが、明るさの数値は「ルーメン(lm)」、再現性の数値は「演色性(Ra)」として商品パッケージに表記されています。

ルーメンが高ければそれだけ明るい空間を作ることができるため、映り方も綺麗に見えるのでおすすめです。

ただし、部屋の広さや真っ白な壁紙など、使用環境によってはルーメンを抑えた方が綺麗に映る場合もあります。

高すぎると不自然な映り方になってしまう場合も…。

ちなみに、12畳の部屋で4,500lm~5,500lmが目安になります。

また、演色性(Ra)は80以上が理想。
可能であれば90以上のものを用意しましょう。

演色性は100に近いほど再現性が高く、より魅力的な映りが期待できます。

角度調整は可能か?

チャットレディには角度調整ができる照明がおすすめです。

基本的に照明は自由に選んで差し支えないのですが、できれば角度調整できる照明のほうが圧倒的にお仕事がしやすくなります。

角度調整できる照明のメリット

  • 光の当て方を変えられる。
  • 美肌効果やメイク映え効果が期待できる。

角度調整できる照明のデメリット

  • 当て方次第では自分の輪郭に影を作ってしまったり、不自然な明るさになったりしてしまう。

また、美肌効果やメイク映えを期待しているチャットレディさんには、多段階角度調整できる照明タイプがおすすめです。

光の調節(調光)機能の有無は?

調光とは、光の強さを調節する機能です。
一見すると不要に見える機能ですが、チャットレディの照明選びには押さえておきたいポイントの一つになります。

季節や外の天気、チャットレディのお仕事をする時間帯などに合わせて調光することで、男性に違和感を与えずに済むでしょう。

男性によっては微妙な違和感でも気にする場合があるので、調光で少しでも印象を整えることをおすすめします。

手元に照明が届いたらすぐに品質チェックする

照明のほとんどは中国やインドネシアなどの海外生産になるため、手元に届いた時点でしっかりと品質チェックを行うようにしましょう。

万が一、不良品を購入してしまった場合に備えて、購入したレシートや保証書、パッケージ(外箱)などは保管しておくことをおすすめします。

他の家電と同様、返金や交換をしてもらうには、新品同様に保っておく必要があるからです。

そのため、品質チェックは速やかに行い、不良品の場合は迷わず購入先へ問い合わせましょう。

照明をより効果的に使うコツとは?


照明はただ取り付ければ良いということではありません。

より高い美肌効果や美白効果、メイク映え効果を得るためには、ちょっとしたコツがあります。

そのコツとは、部屋を白色で統一するということ。
白色で統一すると光をほど良く反射し、美白効果が高まります。

その他にも、部屋の明るさがアップすることで顔色が良く見えますし、光が反射するため顔に影を作りにくいなどの効果があります。

チャットレディにとって、非常に魅力的な効果ではないでしょうか。

完全に白色だけで統一するのが難しいという場合は、身の回りだけでも白色を取り入れられるように工夫することをおすすめします。

また、ちょっとした小物はピンク色などの女の子っぽい色を取り入れても良いでしょう。

チャットレディに魅力的な照明の効果とは?


照明の効果については前述までに少しだけ触れていますが、主に以下のような効果を期待することができます。

  • 肌が綺麗に見える美肌効果
  • 影の原因となる顔の凹凸が消えることによる美白効果
  • メイクが強調されて、よりメイクが映える効果

上記3つが正しく照明を使ったときに期待できる効果になります。

極端ではありますが、照明を使うことでより可愛く、より美人に見えるような効果が期待できるということですね。

また、プロの女優さんが撮影を行うときにも照明が利用されていることは周知の事実ですから、照明一つで印象がグッと変わることは理解しやすいでしょう。

チャットレディを綺麗に見せてくれる照明はどれ?


結論から言うと、チャットレディを綺麗に見せてくれる照明は、断然「LED照明」です。

LED照明は未だに高価な印象を持つ人もいますが、現在は普及率が高まり、値段も落ち着いてきています。

また、LEDは寿命が長いので、長期的に見るとコスト削減に繋がるのでおすすめです。

LED照明を購入するときに注目すべきポイントは?

LED照明を購入するときに注目したいポイントは、演色性(Ra)とルーメン(lm)です。

Raとlmはパッケージ(外箱)に記載されているので、そこに記載されている内容を参考に購入すると良いでしょう。

また、Raは100に近い数字であればあるほど、綺麗な映りが期待できるため、最低でも80以上の数値のものを選ぶことをおすすめします。

lmはチャットレディとして使用する部屋の広さや、どの程度の光量を当てたいかにもよりますが、500lm以上は必要と考えておきましょう。

ただし、壁紙の反射を利用する場合は500lmでは荷が重いので、部屋の広さに応じた数値が必要です。

チャットレディに最適な照明の色は?

照明の色は大まかに「昼光色」「昼白色」「電球色」とありますが、チャットレディにおすすめできる照明色は「昼白色」です。

電球色はオレンジ味の強い光になるので、綺麗な映り方をしたいチャットレディにはあまり向いていません。

また、昼光色は青味がかった白色になるため、やや自然な光の当たり方とは異なります。

その点、昼白色は限りなく白色に近く、自然な光という印象です。
男性に違和感を与えることはほぼないでしょう。

チャットレディ初心者におすすめの照明3選


チャットレディが理解を深めておきたい照明の基礎知識などについてご紹介してきましたが、実際の照明選びに悩んでしまう方も多いのではないでしょうか?

ここでは、チャットレディ初心者におすすめの照明を3つご紹介します。

チャットレディ初心者におすすめの照明その①

10段階の調光機能をはじめ、360度の角度調節というチャットレディには嬉しい定番機能が充実している照明です。

黒目に照明の光が反射してできる「天使の輪」が入るので、目元の美しさもアップする点が魅力の一つになります。

  • 10段階調光で好みの明るさに
  • 360度の角度調節で光の当て方を工夫できる
  • 黒目に光の輪が入って魅力度UP!

チャットレディ初心者におすすめの照明その②

120個のLEDビーズで作られており、影のない均一な光量が魅力です。

ライブ配信用ライトですが2000lmを超える光量に加えて、85Raと再現性も高めとなっています。

また、3つのライトモードと前後に180度角度調整することもできるため、機能性も抜群です。

  • 2006lmの光量で美肌を演出
  • 85Raと再現性が高い
  • 調光機能/角度調整可能で使いやすい

チャットレディ初心者におすすめの照明その③

上下方向へ90度、回転方向に約320度の角度調整機能が付いており、光の当て方を工夫することができます。

中間スイッチを設けることで、電源プラグの抜き差しでON/OFFする必要がない点もポイント。

本体はホワイトとブラックから、付属電球は昼光色と電球色から選ぶことができるので、インテリアにも合わせやすいでしょう。

  • 上下方向90度/回転方向可動約320度の角度調整
  • 全光束1200lm:Ra85
  • 中間スイッチ付きで手軽に電源を切り替えられる
  • インテリアにも合わせやすいカラー展開

チャットレディ上級者におすすめの本格照明2選


チャットレディ上級者ともなると、自分が綺麗に映る方法や、綺麗に映るために必要な道具選びも工夫したいものです。

ここでは、チャットレディ上級者でも愛用できるおすすめの照明を2つご紹介します。

チャットレディ上級者におすすめの本格照明その①

6畳部屋に適している3360lmという光量によって、綺麗な映りに期待することができます。

また、ソフトディフューザーは光源を柔らかくし、肌の色合いを強調してくれるので、綺麗に映りたいチャットレディにおすすめの機能です。

チャットレディの照明選びでポイントとなる角度調整や調光機能なども付いているので、充実した機能を求める上級者におすすめできます。

  • 3360lmで綺麗な映りを実現
  • LEDビーズ660個(330ホワイト+ 330イエロー)で長持ち
  • ホワイトディフューザー付属で美肌効果抜群
  • 色温度調整/角度調整/調光可能LEDで様々な雰囲気を出せる

チャットレディ上級者におすすめの本格照明その②

女優やモデルが撮影するときにも使用される、いわゆる「女優ライト」です。
撮影に向いていることもあり、チャットレディにもおすすめできる照明です。

ホワイトディフューザーが付属しているので、影ができにくく、柔らかな照明として使用することができます。

本格的な照明ということもあり、チャットレディを綺麗に映してくれる照明ですが、場所をとってしまう点と初期費用が高いという点がデメリットと言えるでしょう。

  • ソフトボックス/0~120度の角度調整機能で光を拡散
  • ソフト傘/0~180度の角度調整機能で光の角度も自由自在
  • ホワイトディフューザー付属で柔らかな照明を演出
  • 影を取り除き、優れた撮影が可能

在宅チャットレディ&初心者チャットレディにおすすめのLED電球・照明


前述で紹介している本格的な照明は大きな場所を取ったり、初期費用が高かったりしますが、その分、効果は他の照明より高い点が魅力です。

しかし、在宅チャットレディやチャットレディ初心者の人にとって、スペース確保や初期費用の負担は大きなデメリットにもなり得ます。

また、そもそも家族と同居している人が使うには難しいでしょう。

そんな在宅チャットレディやチャットレディ初心者には、使いやすくて効果も抜群なLED電球・照明がおすすめ。

ここでは、在宅チャットレディやチャットレディ初心者におすすめのLED電球・照明をご紹介します。

おすすめのLED電球その①:パナソニック LED電球 口金直径26mm プレミアX

十分な明るさと演色性を持つパナソニックのLED電球になります。

鮮やかさに定評のあるLED電球なので、顔色をよく見せてくれますし、ナチュラルな雰囲気を演出してくれます。

チャットレディにおすすめの照明色である「昼白色」を含め、4色から選ぶことができるので、照明色を調整したい人にも向いているでしょう。

  • 810lm
  • Ra90
  • 昼白色を含めて4色から選択可

おすすめのLED電球その②東芝 LED電球 E26口金 T形 全方向タイプ

明るさの数値はリビングなどの広い部屋で使うには適していませんが、チャットレディがデスクライトの用途として利用するには十分。

演色性は80をやや超える数値であるため、圧倒的に優れているというわけではないものの、特別映りが悪くなる数値でもありません。

補助照明としてもおすすめです。

  • 810lm
  • Ra83
  • 補助照明としてもおすすめ

おすすめのLED電球その③アイリスオーヤマ LED電球 口金直径26mm 広配光 60W形相当

大きなコストがかからないため、チャットレディ初心者におすすめできるLED電球です。

明るさ、演色性の数値も在宅チャットレディが使いやすい数値です。

広配光タイプなので、光が広範囲に広がり部屋全体が明るく、カメラ映りが綺麗になります。

  • 810lm
  • Ra83
  • コストパフォーマンスに優れている
  • 広配光タイプでカメラ映りが綺麗

おすすめの照明:デスクライト

通常よりも高い演色性と平均的な明るさを持っているため、チャットレディの照明として使うことができます。

デスクライトなので、仕事をする場所に置いてすぐに使えるのが利点。
補助照明としての利用もおすすめです。

左右180度、上下150度の角度調整機能が付いている点も魅力です。

  • Ra95/500lm
  • 左右180度/上下150度の角度調整機能
  • 3段階調色無段階調光機能

おすすめの照明:クリップライト

クリップ(クランプ)は3インチまで開くので、どのようなデスクにも取り付けやすい点が特徴です。

360度回転させることができるので、照明を当てたい場所にピンポイントで光を向けることができます。

また、コンパクトで軽量なので、持ち運びもしやすく便利です。
チャットレディの仕事だけでなく、読書をするときなど、私生活でも使うことができるので1つあれば重宝するでしょう。

  • 360度回転可能
  • コンパクト&軽量なので持ち運びやすい
  • パソコンや机などに取り付けられる

チャットレディの魅力を高める照明テクニック


チャットレディの魅力を高めてくれる照明選びも大事ですが、さらに魅力的な映り方になる照明テクニックをご存知でしょうか?

テクニックと聞くと難しいイメージになってしまうかもしれませんが、チャットレディの魅力をさらにアップする照明テクニックは簡単に行うことができます。

ぜひ、チャットレディの魅力を高める照明テクニックを参考にしてみてください!

白い壁や布などに照明を当てて反射光を利用する

撮影するためのスマホやPCを白い壁や布などの白い物の近くに置き、照明を当てることで反射光を上手く利用することができます。

照明の光を直接当てるよりも反射光を利用した方が柔らかい光になるので、顔をより綺麗に映すことが可能です。

部屋の壁が白ではないという方は、白い布や発泡スチロールなどで代用すると良いでしょう。

壁以外(床や家具)も出来るかぎり白に統一すると効果アップ

前述の白い壁を利用する方法に類似していますが、床や家具、小物など撮影時に近くにある物を白に統一すると、より効果的です。

インテリア全体が白で統一されていると、単に壁だけを白にするよりも顔映りが良くなります。

余裕があればカメラの両サイドにも照明を用意する

照明を片側から当ててしまうと、照明が当たっている反対側は影ができてしまうので、チャットレディの映り方としてはイマイチです。

そこで、通常よりも綺麗な映り方を目指すのであれば、カメラの両サイドにも照明を用意するというテクニックがおすすめ。

両サイドから照明を当てることで、片側だけ影ができてしまうというマイナスポイントを除去することができます。

ただし、単純に照明にかかるコストは倍になるので、余裕がある人やチャットレディ上級者におすすめです。

照明を2台以上使用する

前述でも触れていますが、チャットレディが綺麗に映る方法には照明を2つ用意するというテクニックがあります。

しかし、もしも照明2台では満足な効果を得られないという方は、照明を2台以上用意し、不自然に白飛びしないように活用する方法もアリです。

照明を複数用意する場合は、いわゆる女優ライトと言われるソフトライトボックスの購入を検討すると良いでしょう。

トレッシングペーパーを効果的に使う

トレッシングペーパーで照明を覆うことで、光を広範囲に広げることができます。
照明を効果的に使いたい場合に有効なテクニックです。

また、トレッシングペーパーがないという人は、クッキングシートやクイックルワイパーシートなどを代用することができます。

照明の光が強すぎるときの対処法

照明の光が強い場合は、壁に照明を向けて反射光を利用することでちょうど良い光量になります。

また、トレッシングペーパーやクッキングシートで照明を覆うという方法も有効です。

照明トラブルが起こったらディスプレイの明るさ設定を変更する

多くのお仕事に急なトラブルは付きもので、それはチャットレディも例に漏れません。

万が一、お仕事をしているときに照明が故障してしまった場合は、ディスプレイの明るさを変更して対処する方法がおすすめです。

とはいえ、照明を使っていたときと変わらない映り方には期待できませんので、早めに照明を買い替えるなどの対策は必須になります。

チャットレディで稼ぎたいなら照明を効果的に使おう!


チャットレディは映り方がとても重要です。
綺麗に映りやすくなる照明や、照明の当て方、照明の効果的な使い方についても理解を深めると良いでしょう。

チャットレディとして稼ぎたいと考えているのであれば、照明を工夫して使うことを強くおすすめします。

より魅力的に映ることができますし、常連さんゲットの道も夢ではないでしょう。